FC2ブログ

水産物流通の記事を読んでの感想

昨日『すいさんWatch』さんの記事でこれからの水産物流通を考えるというのをみました。少し前の記事になるんですけど、農林中金総合研究所のレポートらしいです。(7/7なのでかなり前か)


「なんだぁ、ちゃんと分かってるんじゃぁないか


ちょっとえらそうな言い方に聞こえるかもしれませんが、
これが第一の正直な感想でした。

これまでに行政や水産関係の資料にたびたび目を通してきましたが

「なんか、違う」

という思いがしてたんですよ。
ちょっと時代に後れているような、理想論で進めているような・・・


このレポートは読みながら


「うんうんそうだよ」

って。ちょっとスッキリして安心しました。


まだ読んでいない方は、ぜひお勧めします。
8ページしかないから。


今の現状を念頭において、
そして未来にむかって今何をすべきかを考えるということは重要です。


消費者に

「買ってください、食べてください」
っていう商業的なPRばかりじゃなくて


水産業、漁業について理解してもらえるようなアピールをしていかなくちゃいけないし、それが出来る方法の一つが私たちの(ブログなどの)会話なんじゃないかなって思います。



そして、消費者と漁業関係者との信頼関係をつくるために

安全、安心と、その責任にたいして
食品を扱う全ての人が自覚をもつことが
これからの水産業には必須条件なんだと感じました。


小さなことでも、
たとえ無意識にしても
個人でも漁業にとって必要な、やれることはたくさんあるように思います 
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

漁吉丸が漁獲した鮮魚

季節によって獲れる鮮魚は、魚種も大きさも違ってきます。 画像を参考にしてください。

漁師が食べている魚料理

漁吉丸が漁獲した鮮魚を嫁が調理した魚料理です

漁師直送で魚をお取り寄せ

早朝水揚げした魚を午前中に発送します。
詳細はこちらから↓
漁師直送便のご注文について

定休日、月夜休みの詳細 ↓
漁師直送便の定休日について

最近漁獲されている魚は ↓
漁師直送の魚情報

東京は翌日の午前中着、その他地域で北陸地方までは翌日着、東北、北海道、沖縄は翌々日着になります。

発送日は、あくまでも予定日です。天候や都合により変更になることもあります。また、交通事情により到着が遅延する事もご考慮の上ご注文下さい。

ご注文&お問い合わせはメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

鮮魚や価格の質問など、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック