FC2ブログ

エソのさつま



さつまです。一般には冷汁っていうのかな?

焼いた魚の身をすりつぶして、同量程度の味噌と合わせ、水で溶いたものです。
これを温かいご飯に乗せて食べます。


さつまは、タイやアジで作る方が多いようですが、うちではエソでしか作りません。

タイは身がザラザラ残るし、
アジは味は良いのですが、色が黒っぽくなるのと、やはり舌触りでしょうか。


これがエソです。

その点、エソは甘味があって味も良いし、舌触りがなめらかで美味しいです。

ただ、骨が多いので、美味しいのはわかっていても、それを取り除くのが面倒なのでタイやアジで作るってことを聞きます。

いやあ~、私は面倒でもエソで美味しく頂きたいなあ。

作り方は簡単です。


焼き魚の身をすりつぶします。


麦味噌が甘味があって良いと思います。
他の味噌だったら少し辛いので控えめに。


混ざったらすり鉢にうつして小量の水で溶いていきます。
だまが残らないコツは、一気に水を入れずに、小量ずつの水で馴染ませるようによく混ぜて、トロトロな感じになったら水をどんどん足していきます。


出来上がり。ネギを加えます。
関連記事

コメント

コメント(2)
これは‥美味しそう
これって素麺でも
美味しそうですね‼︎

kiyo

2017/06/13 18:03 URL 編集 返信
kiyoさんへ
毎度ありがとうございます。

さつまを素麺にって発想は無かったです。
流石ですね。( ̄□ ̄;)!!

今度試してみよう

漁吉丸ゆみ

2017/06/13 21:00 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

漁吉丸が漁獲した鮮魚

季節によって獲れる鮮魚は、魚種も大きさも違ってきます。 画像を参考にしてください。

漁師が食べている魚料理

漁吉丸が漁獲した鮮魚を嫁が調理した魚料理です

漁師直送で魚をお取り寄せ

早朝水揚げした魚を午前中に発送します。
詳細はこちらから↓
漁師直送便のご注文について

定休日、月夜休みの詳細 ↓
漁師直送便の定休日について

最近漁獲されている魚は ↓
漁師直送の魚情報

東京は翌日の午前中着、その他地域で北陸地方までは翌日着、東北、北海道、沖縄は翌々日着になります。

発送日は、あくまでも予定日です。天候や都合により変更になることもあります。また、交通事情により到着が遅延する事もご考慮の上ご注文下さい。

ご注文&お問い合わせはメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

鮮魚や価格の質問など、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック