真鯛(まだい)の煮付けはアラの方が旨い - 漁師が食べてる魚料理

真鯛(まだい)の煮付けはアラの方が旨い



1㎏ぐらいの真鯛(まだい)が中途半端に1尾だけあったので、持ち帰っておかずにしました。

まず鱗を落として、片身の腹身側を刺身にしました。
アジとイカの刺身も合わせて二人分作りました。
これは、朝の漁師たち(主人と息子)のおかず。

昼食にもう片側の腹身を刺身にして、イカの刺身と一緒に盛り付け。
画像は昼食です。

タイの頭は半分に割って、背骨と卵と煮付けにしました。
煮付けは身よりも骨部分の方が、身が絞まっていて味も旨味があって美味しいです。

ご飯はお粥です。
サツマイモが入っています。


タイの背中側の身は、夕食に使用します。
ムニエルorから揚げにしようかな~
関連記事

0 Comments

Post a comment