まき網漁業とは - 漁吉丸の紹介

まき網漁業とは

水揚げ

愛媛県宇和島市の宇和島漁協管内の旋網漁業の漁師は、夕方出漁します。

 夜中に集魚灯で魚を集め、それを漁網で囲み、海底部分の網を絞って巾着状にして魚を確保します。

 画像は、確保した魚をスイデですくっている様子です。この魚を生きたまま母船に取り込み、氷水で〆ます。

 大量の魚をこの方法で漁獲するのは大変な作業ですが、このような丁寧さが鮮度に影響し、漁吉丸の魚が評価される理由の一つです。

船上での選別

 魚を漁獲後、魚市場で出荷します。早朝の作業になります。



宇和島のまき網漁業は、真鯵(マアジ)、真鯖(マサバ)、真鰯(マイワシ)を漁獲する権利を愛媛県から与えられています。

 しかし、まき網漁業ですのでアジを漁獲している過程で他の魚も漁網に入ってきます。
一緒に漁獲された他の魚を水揚げすることも許可されています。

 よく獲れる魚は、真鯛(マダイ)、チダイ、丸アジ、タチウオ、カマス、カタクチイワシ、ウルメイワシ、カワハギ(ハゲ)、エソ、メジカ、ムツ、トラフグ、サバフグ、バケラ、ハモ、ヤズ(ブリ、ハマチ)、タコ、アオリイカ、スルメイカ、ジコイカ、モンゴウイカ、コウイカ、などです。



宇和島市のまき網組合は資源管理と保護を目的に定休日を設けています。


関連記事

0 Comments

Post a comment