旬はなんてったってスーパーゼンゴ(豆アジ) - 漁師が食べてる魚料理

旬はなんてったってスーパーゼンゴ(豆アジ)

スーパーゼンゴ(豆アジ)の三杯酢

今の旬の魚は、これ。2~4㎝ぐらいの小さいアジ
豆アジと言われますが、宇和島では「スーパーゼンゴ」と呼びます。
ゼンゴってのは小アジのことで、極小サイズだからスーパーなんでしょうかね?

食べている途中で思い出して写真を撮ったので絵が崩れちゃってますが、玉ねぎの薄切りとニンジンの千切りとピーマンをトッピングします。

玉ねぎも美味しいんだけど、ニンジンの千切りはお勧めです。ピーマンも合います。

美味しく作るコツは、

アジにまぶす片栗粉は薄めに。たくさん付きすぎると漬け込んだ時に粉っぽくなってしまいます。
カラッと揚げる。大きいゼンゴは骨が固いので低温でじっくりと揚げてほしいですが、スーパーゼンゴは頭も背骨も軟らかいので高温で揚げても多分!?大丈夫。でも焦がさないように注意はしてね。

漬けダレは三杯酢なんだけど、漁吉丸の合わせ酢は、砂糖、酢、薄口醤油を同量です
三杯酢より少し甘さを利かしたほうが、このゼンゴには合うと思うんですよね。
だいたい、鉢皿に大さじ3ずつ。調味料を直接、器に入れて箸などでかき混ぜて、油を切った揚げたてのゼンゴをジュッと入れちゃう。その上に白いタマネギ、オレンジのニンジン、緑のピーマンで彩ります。



イカ入り酢の物

イカも旬です。イカの酢の物にしました。

ジコイカまたはマツイカを輪切りにして、さっと茹で少量の塩をふって少し置き、酢に漬けます。野菜と合わすときにはこの酢は捨てます。
キュウリの薄切りも塩を振って、なじんで軟らかくなったら水気を絞ります。

美味しく作るコツ

ダシに焼き魚の身を入れます。無い場合はチリメンジャコ、シーチキン、かまぼこ、ちくわなど。
香りを足します。和風ハーブって感じかな。青シソ、生姜、茗荷、レモンの皮のすりおろし、ゴマ、など。今日は茗荷(ミョウガ)にしました。
具材の水気をよく切ってから合わせ酢と混ぜる。味がきまらないときは「味の素」をパパッと振っちゃいましょう。決まります。
関連記事

0 Comments

Post a comment