FC2ブログ

脱走シマアジだと思う、脂がテカテカ

漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美

漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美

漁吉丸の鮮魚2015/10/24


今日の漁師直送便のメインは真アジ(あじ)、真鯛(たい)でした。
それでも、高級魚が多数残ったので、もう一箱作って親戚に送りました。

そして、今日私がおかずにチョイスした魚がこちら

漁吉丸の鮮魚からチョイス2015/10/24


真アジ、真鯛、シマアジ、アオリイカ

シマアジは珍しいです。
「ちょっと養殖っぽいけどね~」
と、親方。
「ってことは、脱走シマアジ?」
って、私。
昨夜、TV番組で脱走シマアジや脱走マグロの話題があったからネ。

で、今日の夕飯です。
漁師の食卓・アジの開きと刺身とポテトサラダ


今日の真アジは結構大きくて150g~180gぐらいありました。
脂も乗っていたので7尾を開きにしました。
早速、夕飯のおかずに。残りの開きは冷凍保存です。

シマアジとアオリイカの刺身


シマアジとアオリイカ(モイカ)の刺身。
さすがシマアジは脂がジュワって。

シマアジは模様がブリに似ていて、それにゼイゴがあって、ブリっぽいアジか?
って思ったら、味もブリっぽいアジでした。

汁かけシマアジ飯


これは土井善晴シェフの発案・命名の『汁かけ伊達アジ飯』を参考にした

『汁かけシマアジ飯』です。

シマアジのアラに塩をたっぷりふってしばらく置き、水から強火で茹でて灰汁を取りながら汁を作ります。(汁が透き通るまで)
少し塩味が効いてます。薄ければ塩を加えます。

アジの刺身をタレに漬けます。
タレは、みりんと濃い口しょうゆを各お玉1ぱいずつ、しょうが汁小さじ1/2、半刷りゴマ大さじ1
だいたい、そんな感じです。
お好みで調整してください。

これをアツアツのご飯にのせて、汁を注ぎます。
ネギを飾ります。

順番が替わりますが、今日の昼食はこちら。

ランチ・辛子明太子のパスタ


昨日の里芋の煮物をチーズ焼きにしたら、モチモチのふわふわで美味しかった~(^^♪
パスタは辛子明太子とマヨネーズ。そして、刻み海苔。

ランチは15分ぐらいで出来上がりました。

辛子明太子は10日前の連休に長男がプライベートで博多に遊びに行ったおみやげです。
来週は青年漁業者連絡協議会、略して青年協の、まき網部が研修旅行で別府(大分県)に行く予定です。
また、おみやげは辛子明太子だな。

来月には、まき網組合の全員旅行(自由参加)があります。
行先は、またしても別府。

別府は八幡浜港からフェリーで3時間で行けるので、近いけど旅行気分が味わえると人気です。
別府市の観光開発をしたのが宇和島出身の方だったらしく、以前は宇和島港からの直行便もあったらしいです。
また復活したらいいのにな~。

まき網組合は親方旅行もあるらしいです。
親方旅行はリッチです。






関連記事
Posted by漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply