寒ボウタレは冬の風物詩 - 漁師が食べてる魚料理
FC2ブログ

寒ボウタレは冬の風物詩

houtare

こんにちは。漁吉丸のゆみです。
メッキアジとホウタレ(カタクチイワシ)のお刺身です。

冬のホウタレ(カタクチイワシ)は寒ボウタレと言って、新鮮なものを刺身にしてネギ薄口しょうゆで、あっさり食べるのが地元の通の食べ方です。冬限定です。脂が程よく、身質が締まって美味です。

しかし残念ながらホウタレ(カタクチイワシ)は鮮度劣化が早いので、漁師直送はしていません。

メッキアジは、アジなのに脂が多いので冬でも美味しいです。
刺身は甘みがあり、焼き魚にすると脂が香ばしくて皮もパリパリ。

まだ水温が低いので、他の船団もあまり漁が無いようですが、サゴシ、サワラ、真鯛、カワハギ、コウイカ、、タチウオ、などが見えます。
早く九島フェリーが直ればいいのに・・・
関連記事

0 Comments

Post a comment