鮮度には自信あり。産地直送の魚は安い? - 漁師直送の鮮魚情報
FC2ブログ

鮮度には自信あり。産地直送の魚は安い?

NEC_0130.jpg

こんにちわ、漁吉丸のゆみです。今日の産地直送の魚の一例です。
真鯛(たい)約1kgサイズを2尾、イサギ350gを2尾、カワハギ8尾、真鯵(あじ)150gを8尾
は血抜きをしています。

これで魚代が5000円です。税込。

送料は別なので、クール便で商品代引きにして¥7,400‐也
明日の午前中に東京に着きます。

鮮度には自信があります。

だけど価格はどうだろう?
安い!」とは言えない価格なんじゃないかな。
生産者が「最低この値段では売りたい」という価格設定にしていますからね。

そうでなければ漁師直送でやってる意味がないから。
ネット販売をしている漁師さんの中には、半ばボランティア的に活動している方もいらっしゃるようです、漁師という職業に誇りを持って。
でも、うちの場合は、完全にビジネス。儲けが無ければ撤退します。

なぜなら、「稼ごう!儲けよう!」という気持ち無しにやっていけるほど、この職業は甘くないからです。
魚価が安いと愚痴を言うぐらいなら、自ら魚価をあげる努力をしなきゃ!

私たちも漁師という職業に誇りを持っています。
だからこそカッコよく稼いでいきたいと思います。
同じ漁師仲間未来の漁師のためにも。


島婚 storyが6月15日に実施されました。
今回の参加男性は39~55歳。ちょっと高年齢。
大漁旗の漁船でお出迎え。(女性陣は九島フェリーに乗っています)
NEC_0125.jpg
翌日の愛媛新聞に掲載されています。
NEC_0126.jpg

九島は今、あちらこちらでアジサイが真っ盛り。
これは勤緑道のアジサイ園
NEC_0124.jpg

九島大橋も順調に建設中です。
手前が九島で、向かい側が戎山
NEC_0123.jpg



関連記事

0 Comments

Post a comment