FC2ブログ

余った魚はジャコテンにして冷凍保存

漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美

漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美


漁吉丸のゆみです。毎日新鮮な魚がたくさんあって、少しずつ残ってしまいます。だって新しい魚が美味しいから、どうしても獲れたての方を食べてしまうでしょう?残った魚は、そのままだとドンドン劣化していくのでジャコテンにします。

「ジャコテン」は、通常地元では「てんぷら」といいます。

天ぷら粉をつけて揚げた「てんぷら」と混同するときは「ジャコ天(ジャコテン)」「ジャコ天ぷら」などといいますが。

専門店でつくるジャコテンは、調味料や小麦粉などで独特の歯触りや味を出しています。
プルプルした食感で美味しいです。

でも、漁師さんの家でつくるジャコテンはシンプル。

塩と卵のみ。うちは味の素も少々いれます。
なので、使用する魚によって味と食感が違ってきます。
ジャコテンにして美味しい魚は「エソ」ですね。

今回はアジがたくさん残っていたので、カマスを混ぜて作りました。

アジだけではちょっとボソボソするんですけど、カマスを入れることで軟らかさが出てちょうど良くなります。

たくさん作りました。
ジャコテンは冷凍保存ができます。

ゴーヤとジャコ天のきんぴら
関連記事
Posted by漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply