FC2ブログ

漁師の産地直送のリスク削減のコツ

漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美

漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美

漁吉丸のゆみです。今日の選別は昨日を上回る複雑さで、量は少ないのに時間がかかって・・・でも、なんとか産直の発送時間には間に合いました。良かった

今日の産直の注文金額は¥3,000−(送料別)
希望はお刺身用でおまかせ。大阪の料理屋

タイ 1尾 1.0kg  @¥1,000/kg
モンゴウイカ 1パイ 1.3kg @¥800/kg
本カマス 1尾 0.3kg @¥1,800/kg
アジ 5尾 0.8kg @¥1,000/kg

¥3,000を少し超えてしまいますが、オーバーした分は値引きします。
オーバーすることはよくあります。
入れたい魚がある時とか、魚を切るわけにはいかない時とか。
今日ならアジを4尾にしたらちょうど注文金額になります。
でも、お刺身用には5尾ぐらい欲しいかなって思って

価格は市場の相場とあまりかけ離れない程度で、漁吉丸で設定させていただいています。
これが高いと思う方もいれば、安いと思う方、いろいろでしょうね。

しかし市場の相場にいちいち対応していたのでは価格安定にはならないので、時期によって多少変動はありますがだいたい一定の金額を想定しています。

この時期はこんな感じです。
魚は大きさによっても価格が変わります。
小さい魚orイカはこれより安くなるし、大きいものは高くなります。

産直の魚で価格を低く抑えるコツとして、発送に使用する発泡の箱を市場で調達しています。
市場では他県から送られてきた魚も販売していますが、その後廃棄処分される箱の中から、きれいで蓋がちゃんとあって大きさもちょうどいいのを探して、それをもらって再利用しています。

衛生面において疑問があるって方の場合は新品を購入して利用しますが、その場合は箱代をいただかなければ採算があいません。
1箱¥800は必要です。

再利用の箱でもきれいだし、魚をビニール袋で1種類ずつ包装しているので心配するようなことはないでしょう。
魚代に箱代が反映されないので低価格で抑えられます。

また、漁師&漁師の嫁が直接包装して発送しているので人件費も手数料もかかりません。
ここでも価格に反映されません。

漁師直送は結構大変ですけどね、生産者側にとっても、消費者側にとってもコストを削減して利益を上げることができる一つの方法になります。
漁師直送だけでは経営が成り立たないけど、これを一つの方法として取り入れてみるだけでいろんなことが分かります。それも産直のメリットですね。

これから注文数が増えた時、どこまでこのスタイルが維持できるかは分かりませんが、この基本的な考え方は持っていたいと思います。

漁吉丸の産直入門でした 











関連記事
Posted by漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply