FC2ブログ

ジャコ天の使い方、ゴーヤのきんぴら

漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美

漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美


漁吉丸のゆみです。残った魚をジャコ天にしました。画像は揚げる前、揚げた後、変身!です。

ジャコ天とは、関東でいうさつま揚げのことだと思います。
味付けや作り方は違うのかもしれませんが、似たようなものでしょう。

宇和島市(愛媛県)の郷土料理には、さつま汁というのもあります。
焼き魚の身をすり潰して味噌と混ぜ合わせて水で溶いた、冷汁のことです。

ジャコ天=さつま揚げ

さつま汁=冷汁

のようなネーミングの関連性からも、宇和島市は薩摩との交流が大きかったことを感じさせます。

海の向こうに九州がありますからね。

大分の別府温泉街を作った人物も宇和島市出身なんですよ。


ところで、漁吉丸のジャコ天はフードプロセッサーに魚の刺身を入れて、卵1個、塩小さじ半分、味の素少々をウィ〜ンと混ぜ合わせただけの簡単レシピ。

粘りが出るまで混ぜるのがポイントです。

平たくして油で揚げましょう。

アツアツが美味しいです。

今日はジャコ天を刻んでゴーヤと一緒にきんぴら風に炒めました。

ジャコ天は冷凍保存が出来るので、魚が残った時にはぜひ作ってみてください。
食べるときは、レンジで温めてもいいし、香ばしく焼いてもいいし、お好みでどうぞ。

味付けは、ポン酢&七味唐辛子とか、マヨネーズとか、醤油とか、マヨネーズ&醤油とかが我が家では一般的です。

この他に鯵の塩焼きにマヨネーズを混ぜて、サラダ巻きにしました。
美味しかったです。

関連記事
Posted by漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply