FC2ブログ

【御荘カキ】殻付きのカキを頂いたらどうする?

漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美

漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美


これは御荘カキ。宇和島市から南に下がった地域のカキです。地元だからかもしれませんが、広島のカキよりも身が大きくて、濃厚な味です。

さて、殻むきの身だけのカキ(牡蠣)は便利だけど、殻付きのカキならではの美味しい食べ方があります。お歳暮等で殻付きのカキが届いても慌てないでくださいね。

実は私、まず殻を剥いて生のカキをレモン汁で食べちゃうんですけど、この殻を剥くにはコツがいるんですよね。

だからオススメは焼きカキ



魚を焼く網やグリルで殻ごと焼きます。
熱が通ると少し口が開きます。カキは熱が通り過ぎると身が小さくなるので、少し隙間ができたら取り出して、隙間にナイフ等を入れて開きます。身が殻に引っ付いていたら剥がす様に切ります。
なかなか口が開かないものもあります。焼きすぎるとカキの殻が爆発するので、ある程度の時間で取り出して隙間に当たる部分にナイフを差し込んでみましょう。意外に簡単に開きます。



身がプリプリで美味そう♪
醤油を垂らしてアツアツをどうぞ。生と同じくレモン汁でもいいよ。
関連記事
Posted by漁吉丸の産直担当で親方の嫁・岡崎 由美

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply