FC2ブログ

じゃこ天の使い方


苦瓜じゃこ天きんぴらを作りました。
じゃこ天は、このように煮物の出しとしてよく使います。

作り方

1.ごま油と唐辛子を熱し、細切りにした苦瓜を炒めます。

2.苦瓜がしんなりしてきたら、同じく細切りにしたじゃこ天を加えて軽く炒めます。

3.中火にして、酒、砂糖、醤油を加え全体に味がしみて汁気がなくなったら火を止めます

味付けの調味料の割合は2:1:4なのですが、苦瓜は文字通り苦いので砂糖を多めに入れた方がいいと思います。


このじゃこ天はエソが主体でカマスを少し加えています。

最近の漁では、メジカが獲れます。
今日はタタキにしました。作り方はこちら→簡単、かつおのタタキの作り方

業者さんは
「ウルメ(鰯)を曳いてきてくれ」
と言いますが、あまりいないようですね。

他は小鯵とホータレ(カタクチイワシ)が魚類養殖の餌として買われていますか。

鯵は、スーパーゼンゴ(極小の豆鯵)が?単価としては良かったのですが、
一匹単価としては成長したゼンゴ(小鯵)の方がいいんですよね。

そして、当然大きく成長してブランド化された伊達あじが何倍も価格がして一番いい!

結局、基本に戻っちゃうんですね。

顧客を増やし、漁獲調整をして伊達あじを多く売る!ってのが生きる道かな?

以上が食事をしながらの日常会話です。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

漁吉丸が漁獲した鮮魚

季節によって獲れる鮮魚は、魚種も大きさも違ってきます。 画像を参考にしてください。

漁師が食べている魚料理

漁吉丸が漁獲した鮮魚を嫁が調理した魚料理です

漁師直送で魚をお取り寄せ

早朝水揚げした魚を午前中に発送します。
詳細はこちらから↓
漁師直送便のご注文について

定休日、月夜休みの詳細 ↓
漁師直送便の定休日について

最近漁獲されている魚は ↓
漁師直送の魚情報

東京は翌日の午前中着、その他地域で北陸地方までは翌日着、東北、北海道、沖縄は翌々日着になります。

発送日は、あくまでも予定日です。天候や都合により変更になることもあります。また、交通事情により到着が遅延する事もご考慮の上ご注文下さい。

ご注文&お問い合わせはメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

鮮魚や価格の質問など、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック