FC2ブログ

教育雑誌でみつけた魚文化

学研の教育ジャーナルという月刊誌があるんですが、私は学研のおばちゃんもやっているので、こういうのも読みます

その中で、東京の築地のマグロ仲卸「鈴与」三代目の方の記事をみつけました。

「自然からもらった食べ物の命を入れているから人間は元気なんです。
旬のものに感謝して楽しくおおらかに無駄なくいただく。それが大切。
失われつつある日本人の魚食文化を残し、皆に伝えていきたい」


と始まって、築地の魚を通していろいろと提案あり、問題提起あり、
ブランド魚や計画販売についての批判は、漁師側としては生き残りのための苦肉策でもあるので、ちょいと耳が痛いとこもありますが、

魚は自然の産物なのでスーパーの特売の日に合わせて泳いでいない!なんてところは同感です。

築地にみる高い文化性を大切に思い、いろいろな活動をされているようですよ。
夢は『日本橋魚河岸の復活』だそうです。

ちょっと違った感じで魚をみることができました。参考になります。

ホームページは魚河岸野郎 または 築地の魚河岸野郎
ブログは築地魚河岸旦那日記
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

漁吉丸が漁獲した鮮魚

季節によって獲れる鮮魚は、魚種も大きさも違ってきます。 画像を参考にしてください。

漁師が食べている魚料理

漁吉丸が漁獲した鮮魚を嫁が調理した魚料理です

漁師直送で魚をお取り寄せ

早朝水揚げした魚を午前中に発送します。
詳細はこちらから↓
漁師直送便のご注文について

定休日、月夜休みの詳細 ↓
漁師直送便の定休日について

最近漁獲されている魚は ↓
漁師直送の魚情報

東京は翌日の午前中着、その他地域で北陸地方までは翌日着、東北、北海道、沖縄は翌々日着になります。

発送日は、あくまでも予定日です。天候や都合により変更になることもあります。また、交通事情により到着が遅延する事もご考慮の上ご注文下さい。

ご注文&お問い合わせはメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

鮮魚や価格の質問など、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック